sponsored links

銀座   建築探訪


銀座の建築探訪。有名建築家が設計した銀座の建物をリストアップしました。
 
 

鳥の巣箱を積み重ねたような特異な外観の集合住宅。建築家 黒川紀章(くろかわ きしょう)氏の設計によるカプセル型の住居で、彼の代表作のひとつ。部屋の1つ1つがカプセルで、交換可能であるというコンセプトで建てられました。



 

スワロフスキー世界初・最大規模の旗艦店。限定品を取り扱うほか、クチュールラインのダニエル・スワロフスキーや、 オーダーメイドもあります。
約1万5千枚のステンレスミラーで構成されたファサードのデザインは、デザイナー 吉岡徳仁(よしおか とくじん)氏によるもの。『クリスタル・フォレスト(クリスタルの森)』をコンセプトとし、多面体を成すミラーが陽の光や夜の輝きを映し出します。



 

『白いリンゴのロゴ』でおなじみ、「Macintosh」「iPhone」「iPad」シリーズで知られる米国アップルコンピュータ社の直営店舗。
建物の設計はアメリカの建築設計事務所Bohlin Cywinski Jackson(ボーリン・シウィスキー・ジャクソン)によるもの。



 

1847年に創設されたフランスのジュエリーブランド「Cartier(カルティエ)」の銀座2丁目ブティック。売り場面積がカルティエの世界最大規模を誇ります。
銀座の街並みに美しく映える金色をしたファサードのデザインは、フランスの建築家 シルヴァン・デュビュイッソン(Sylvain Dubuisson)氏によるもの。内装はフランス人インテリアデザイナー ブルーノ・モワナー(Bruno Moinard)氏が手掛けています。



 

楽器の製造・販売を手がける「ヤマハ」の商業ビル。
同ビルでは各種楽器、楽譜・音楽書、CD・DVDなどの販売や、楽器リペア事業を行っています。音楽ホール「ヤマハホール」を備えており、イベントや講座なども開催。
建物は全面ガラスのカーテンウォールを採用した外観が特徴です。設計は、設計事務所『日建設計』によるもの。地下3 階・地上13 階・塔屋1階。



 

高級ブランド「シャネル(CHANEL)」の自社ビル。同ブランド旗艦店『シャネル銀座』、イベントスペース『ネクサスホール』、高級フランス料理店『ベージュ アラン・デュカス 東京』が入居しています。
空間及び建築デザインを手がけたのは建築家 ピーター・マリノ氏。
建物3階には、フランスのアーティスト ジャン=ミッシェル・オトニエル氏による、パールのネックレスをイメージしたアート作品が展示されています。



 

地下2階、地上14階建てのスウォッチグループのビル。『ブレゲ』『ブランパン』『グラスヒュッテ・オリジナル』『ジャケ・ドロー』『オメガ』『スウォッチ』など、スウォッチグループの高級ブランドのショップが入居。その他カスタマーサービスセンター、オフィス、イベントホール、スウォッチ本社があります。
建物の設計は、建築家 坂茂(ばん しげる)氏と平賀信孝(ひらが のぶたか)氏によるもの。



 

銀座の晴海通り沿いにある、高級ブランド「ジョルジオ アルマーニ ジャパン」の旗艦店。ファサードとインテリアデザインは、Massimiliano Fuksas (ドリアーナ&マッシミリアーノ・フクサス)氏によるもの。
・地下鉄東京メトロ日比谷線「銀座駅」より地下で直結
・2008年11月オープン



 

銀座4丁目交差点の角にある商業ビルで、通称「(銀座)三愛ビル」と親しまれています。地上9階・地下2階建て、奈良県の法隆寺五重塔をヒントにした円筒型全面ガラス張りの建物で、設計は日建設計及び、同社チーフアーキテクトとして活躍した林昌二(はやし しょうじ)氏によるもの。
「三愛ドリームセンター」は、2013年1月に開業50周年を迎えました。



 

ダイヤモンドジュエリーブランド「デビアス」による、アジア初の旗艦店。「デビアス銀座ビル」は波を模したようなうねる外観が印象的で、地下1階から2階の3フロアで構成されています。建物の設計は、日本の建築家 光井純(みつい じゅん)氏によるもの。内装はフランス人建築家 クリストフ・カルペンテ氏が手がけています。
・2008年3月オープン



 

高級品専門店「銀座和光」では、ハンドバックや紳士・婦人用品・貴金属や時計など、クォリティの高い商品を販売しています。銀座のシンボルである時計塔、この建物が和光ビルです。ゆるやかな弧を描いた、大理石のネオルネッサンス様式の建物は、交差点に堂々と佇み、歴史と風格を感じさせます。鉄骨鉄筋コンクリート造、地上7階建て地下2階の建物の設計は近代日本の建築家 渡辺 仁(わたなべ じん)氏。また、ショーウィンドウ・ディスプレイが有名です。



 

銀座の中央通り沿い「東京銀座資生堂ビル」地下1階にあるアートギャラリー。
赤みがかったブラウンの外観をした同ビルの設計を手がけたのは、スペイン カタルーニャ出身の建築家リカルド・ボフィル氏。



 

ファストファッションブランド「ユニクロ」の旗艦店。中央通り沿いにあり、1~12階までの建物ファサードが全てガラスで覆われた外観が印象的。
店舗のトータルプロデュースは、クリエイティブディレクターの佐藤 可士和氏によるもの、建築・内装デザインはインテリアデザイナー片山正通氏によるものです。
・2012年3月にオープン



 

馬具の工房として創業したフランスの高級皮革ブランド「エルメス」。2階にはシャンパンバーもあり、エスプレッソなどを楽しめます。
約1万3000枚のガラスブロックを用いた店舗の設計は、建築家 レンゾ・ピアノ氏によるもの。昼と夜とで表情がガラリと異なる銀座を「万華鏡」ととらえてデザインされました。



 

東京・銀座5丁目にある「クリスチャン・ディオール」の旗艦店。
外装設計は女性建築家 乾久美子氏、内装設計は建築家Peter Marino(ピーター・マリノ)氏によるもので、2012年4月リニューアルオープン。



 

フランスで誕生した鞄店で、モエ・ヘネシー・ルイ・ヴィトングループの中核ブランド「ルイ・ヴィトン」。モノグラム、ダミエ、エピなどの定番シリーズをはじめ、世界中の人々に愛されています。
並木通り店ファサードのデザインは建築家 青木淳氏によるもの。店舗デザインを手がけたのは、デザイナーのグエナエル・ニコラ氏。



 

2005年12月10日、銀座2丁目にオープンした高級真珠宝飾店「ミキモト」のブティック。
ひと際目を引く独特の外観デザインは、建築家・伊東豊雄氏によるもの。
地下1階から地上9階までのブティック内には、パールやジュエリーはもちろんのこと、ギフトやブライダルサロン、エステティックサロンなどが設けられています。
ミキモトラウンジでは、パティシエ横田秀夫氏のスイーツや、紅茶界のトップブレンダーと名高いバーノン・モーリス氏によるハンドメイドブレンドの紅茶も楽しめます。



 

ソニーが自社のショールームとして建築した、数寄屋橋交差点に面するビル。
1階から4階まで、電子機器・電機メーカーの大手「ソニー」のショールームがあります。ソニー商品を"見て・触って・体験"することができ、スタッフが商品の説明もしてくれます。
8階のOPUS(オーパス)では200インチの大画面で映像やソニー製品や音楽、映画等のイベントを楽しめます。

2階と5階には、生命保険会社「ソニー生命」のショールームが設けられ、ライフプランニングの相談をすることが可能。ほかには、ショップや有名レストランなども入居しています。
機能的な美しさをイメージした「銀座ソニービル」の設計を手掛けたのは建築家 芦原義信(あしはら よしのぶ)氏。
・交通アクセス:東京メトロ丸の内線、銀座線、日比谷線 「銀座駅B9番出口」より徒歩1分



 

4月2日、歌舞伎座が新しく生まれ変わります。それを記念して3月27日に歌舞伎俳優約60人が銀座をパレードします。
日時:3月27日10:00-11:00
場所:銀座通り銀座通口から銀座4丁目交差点付近まで



sponsored links


sponsored links